りんの日本酒ブログ 酔いどれ小町

飲みにいけるアイドル総監督/卯月りんの酒飲みブログです。 住んでいる浅草をベースに日本酒について、勉強した事や情報、おすすめの日本酒、5秒でできる即席つまみなどを紹介します。

【酒屋レポ】東京下町にある試飲ができる酒屋!「ふくはら酒店」

みんな、お酒を買う時なにを基準に選んでいますか?

裏のラベルを見て。オススメと書いてあるから。気になるあの人が旨いって言ってたから。ラベルに惚れてジャケ買い。ネットのレビューを見て…。お酒を選ぶ基準は人それぞれあると思います。

でも、一番安心して買えるのは「飲んで美味かった酒!」これ以上の信頼出来ることはないと思います!そんな全わたしの願いを叶える酒屋さんがこちら。

【酒屋レポ】東京下町にある試飲ができる酒屋!「ふくはら酒店」

種類も充実、試飲もできる「ふくはら酒店」

種類も充実、試飲もできる「ふくはら酒店」

なんで今回はしっかり試飲をしたかったのかというと。

今週末にある推し酒イベントで出すお酒を調達したかったからなのです!推し酒と銘打ってしまっているので、私が飲んで、私が美味しいと思ったお酒でなくてはいけません。

既にブログで紹介しているお酒でもう既に美味しかったお酒を買いに行こう…とも思いましたが、いやいや新規の発掘も大事であると、試飲ができる酒屋さんで有名な酒屋さん「ふくはら酒店」にいってきました!

「ふくはら酒店」の場所は?

山手線の「御徒町」駅から歩いて10分の所にあります!

その他の駅だと、日比谷線の「仲御徒町駅」からは徒歩7分大江戸線の「新御徒町駅」だと徒歩5分くらいで、昔ながらの商店街の一角にあります。

商店街の角っこにあります

商店街の角っこにあります

お店の出入り口には可愛い杉玉が

お店の出入り口には可愛い杉玉が

早速、中に入ってみます!

酒、酒、酒、酒しかおいてないここは天国?

酒、酒、酒、酒しかおいてないここは天国?

店内にはずらぁとお酒が。居酒屋さんでしか見たことのないあんなお酒やこんなお酒も置いてあって、上がったままの心拍数が下がりません。

右手には日本酒から、果実酒、焼酎と並び、左のガラスケースには要冷蔵の日本酒が!もう酒しかありません。酒屋にいくと本当にテンションが上りますよね。私だけじゃないはず。

やばい、福井の九頭龍がある…

やばい、福井の九頭龍がある…

冷蔵庫には新政も?!しかも何ラベルもある!

冷蔵庫には新政も?!しかも何ラベルもある!

壁には磨いたあとの米もありました。楽しい。

壁には磨いたあとの米もありました。楽しい。

お待ちかね試飲コーナー!

このガラスケースに試飲ができるお酒が!

このガラスケースに試飲ができるお酒が!

ここのガラスケースに入っている「試飲できます」の札がかかっているお酒が試飲可能なお酒です。ざっと数えましたが20種類くらいかな??結構あります!嬉しい嬉しい!

そして、奥の試飲ができるコーナーへ。

試飲コーナー。とてもかっこいい

試飲コーナー。とてもかっこいい

早速飲んでみました!

本日試飲ができる20種類の中から「一升瓶で買えるお酒」を軸に、店長さんに選んでもらいました。まずは1杯目!

AKABUの夏の限定酒

AKABUの夏の限定酒

岩手の赤武酒造の夏の限定書「AKABU Natu Kasumi 」です。

初っ端は夏酒。爽やかな香りと、バランスが良い酸味。写真で見ると分かりますが、若干の薄濁り。こちらは、そのまま飲みましたが、氷を1個入れても美味しいそう!

次に2杯目!

ラインストーン付きのラベルが可愛い

ラインストーン付きのラベルが可愛い

宮城の川敬商店さのこれまた夏限定酒「HITOMEBORE」。

その名の通り宮城県産のお米「ひとめぼれ」を使っています。さっきの「AKABU」より更に華やか。やわらかな飲み口です。

加茂錦の荷札酒。お花の刻印が可愛い

加茂錦の荷札酒。お花の刻印が可愛い

同じ加茂錦でも造りとお米が違う黄水仙

同じ加茂錦でも造りとお米が違う黄水仙

丸くて柔らかい英君!どんな料理にも合いそう

丸くて柔らかい英君!どんな料理にも合いそう

こんな感じで合計8杯~10杯?くらい飲みました!ちなみに試飲は1杯200円です。居酒屋で頼むことを想定すると破格の値段です。そして、味がぼやけないように店長さんが途中でやわらぎ水をくれました。ありがたい…!!

試飲コーナーを満喫している私

試飲コーナーを満喫している私

さすがいそれくらい飲んだらやっぱり「これぇええええ!!!」という日本酒が見つかりました。嬉しいな。お買い上げです。元々今回はみんなで飲めるように「一升瓶で買えるお酒」を探していたのですが、とびきりの1本を見つけられました。

とびきりの1本の寒菊「TrueWhite」

とびきりの1本の寒菊「TrueWhite」

ラベルの裏はこちら

ラベルの裏はこちら

寒菊 純米大吟醸「True White」 無濾過生原酒
原材料名:米・米麴
酵母:M310
精米歩合:50% 雄町
日本酒度:-1 酸度1:.6

この寒菊銘醸の「True White」は、純米大吟醸の鏡というくらい華やか。本当に飲みやすいため、水みたいにするする飲めてしまいました。

またこの「True White」という名前は、冬に咲かせる寒菊の「菊」の花言葉。とってもフローラルな香りのお酒にぴったりの名前です。

実は、こちらの「寒菊銘醸」さんの杜氏にご挨拶できる機会がありました!

こちら、推し酒会の前日にこのイベントがあることを教えていただき、向かいました!やっぱり杜氏さんの生の声を聞くとお酒の味がまた深くなりますね。

また沢山続けて飲むと、自分がこんな日本酒好きが好きなんだな…!というテイストも分かるのも醍醐味ですね!

ちなみに去年書いた私の好きな日本酒ランキングがこちら。

前編後編に分けて書いていますが、お燗専用の純米大吟醸や、貴醸酒など面白いものも入っているので、ぜひ見てください~!

ちなみに、日本酒以外も驚きの充実です

この「ふくはら酒店」。日本酒だけではないんです。実は地下にワインセラーがあったり、焼酎や果実酒などもかなりの種類が並んでいます。

試飲コーナーの下はなんとワインセラー

試飲コーナーの下はなんとワインセラー

降りるとこんな感じ。隠れ家感が堪りません

降りるとこんな感じ。隠れ家感が堪りません

ちなみに下からみるとこう、試飲コーナー丸見えなのでスカート禁止です。

ちなみに下からみるとこう、試飲コーナー丸見えなのでスカート禁止です。

こんな感じで本当に楽しく過ごせる酒屋さんでした。

店長さんは、日本酒の利酒師とワインソムリエも持っている方で、お酒のことを優しく分かりやすく教えてくれて本当にあっという間。いや結構飲んだので1時間以上いたけど。実はこの「ふくはら酒店」さん、月に1度日本酒とワインのイベントもされているとのことでした。私も行きたい。今度いくツアーしましょう。

ごちそうさまでした!

ちなみに、「寒菊銘醸」の「TrueWhite」をメインにした推し酒イベントの様子はこちらから。このイベントは毎月やっているので最新情報はこちらを見ていただければ!

寄り道は、東京で2番目に古い「佐竹商店街」がオススメ

懐かしい雰囲気が楽しい佐竹商店街

懐かしい雰囲気が楽しい佐竹商店街

お酒を買ってほくほくな後は、歩いて3分くらいの場所に東京で2番目に古い「佐竹商店街」がオススメです!私も帰り道、一升瓶+四合瓶があまりにも重くて、休み休み歩いていた所、案の定寄り道してしまいました。

👆看板娘のえりかちゃんに、「ご新規は一杯無料だよ~!」と言われ一杯で買えるつもりが三杯くらい飲んでしまいました。お造りと春野菜の春巻きや島らっきょうの天ぷらが美味でした!

f:id:yoidorekomachiii:20180523133811j:plain

👆その後の帰り道、美味しそうなお店~と見ていたら中のお客さんとニコっと目が合い、店長さんがいれてくれて2軒目。肉すいが人気メニューでなんとも美味しかったです。あとステーキ丼が絶品でした。

f:id:yoidorekomachiii:20180523133621j:plain

やっぱり下町のいいところは、1人でフラッと居酒屋さんに入ってもお店の人もお客さんもお相手してくれる所ですよね~。2軒とも地元の常連客の方と仲良くなって、地元の美味しいお店など教えてもらいました!

今回いったお店の情報はこちら

『ふくはら酒店』
住所:東京都台東区台東3-6-8
TEL:03-3831-2235
FAX:03-3831-2316

営業時間:

平日:9:00~20:00

土曜:9:00~19:00

定休日:日・祭・第2、第4土曜日

試飲:1杯 200円

以上、りんの酒屋レポでした!ごちそうさまでした!

他の酒屋さんや居酒屋さんのレポートもしたいと思いますので、ご依頼がある方はこちらからお願いします。👇

=============
卯月りん uzuki.riiin@gmail.com

お仕事の依頼やご連絡は、上記メールアドレスまで。

ブックマーク・フォロー・コメントくれると喜びます!