りんの日本酒ブログ 酔いどれ小町

飲みにいけるアイドル総監督/卯月りんの酒飲みブログです。 住んでいる浅草をベースに日本酒について、勉強した事や情報、おすすめの日本酒、5秒でできる即席つまみなどを紹介します。

甘くて濃厚?口当たり重視?純米酒とそれ以外のお酒の違い!

こんにちは。前の記事で書いた「日本酒の種類」のお話に、まず、日本酒には、純米酒とそれ以外のお酒の2種類しかない!と豪語したりんです。

 

まだ見てない方はこちらから↓ 日本酒の種類が1分で分かります。

じゃあ、純米酒とそれ以外のお酒ってどう味が違うんだよ!!と思われる方向けに
今日は味の違いをお話してみたいと思います。

f:id:yoidorekomachiii:20171227214127j:plain

純米酒ってどんな味?!


純米酒は、原料が米・米こうじ・水の3種類だけで作られている日本酒です。


そのためお米の香りが強いです。どちらかというと濃厚・甘めのお酒が多いです。

お米の旨味が直に生きた日本酒なので、つまみを食べながらの食中酒向きのお酒です。
例えるなら炊きたてご飯とか、お餅とか、穀物の香りです。


う~~~~ん、米!

f:id:yoidorekomachiii:20171227214431j:plain

甘みと酸味、ふくよかな旨味が一体となっていて、飲む温度を変えると様々な味わいになるので、まずは冷から、次は常温、最後は熱燗…など色々試してみるのはいかがでしょうか!

まとめ▼純米酒は「濃厚・甘め・米の匂い」!


それ以外のお酒ってどんな味?!

おさらいです。純米酒以外のお酒ってなあに?


純米酒以外の日本酒のは、原料に醸造アルコールが入っているお酒です!

結論から話してしまうと、純米酒の逆で、スッキリ爽やか、口当たりが軽いお酒が多いです!というのもこの醸造アルコールの役目はこの3つです!

  • 防腐
  • 香り付け
  • スッキリ爽快感を出す

じゃん。しかも現在は日本酒を造るレベルが上って「防腐」役割はほぼなし。基本は「香り付け」「スッキリ爽快感」の2つだけです。

なのでこの醸造アルコールの使い方で、華やかな吟醸香を感じられたり、日本酒に含まれる糖分や酸による雑味の部分を、アルコールが抑えて飲みやすい口当たりに仕上げてくれたりします。例えば、リンゴやバナナなどの果物とか、梅などの花の香り
バジルやミントといったハーブのような香りもこの醸造アルコールで作れたりします。

f:id:yoidorekomachiii:20171227214606j:plain

日本酒が苦手!という人は、まずは純米酒以外の大吟醸酒吟醸酒本醸造酒などを飲んでみてはいかかでしょうか。

 

日本酒のイメージガラッと変わるよ!

まとめ▼純米酒以外の吟醸酒は「スッキリ爽やか、口当たりが軽い」

 

さて、純米とそれ以外の吟醸酒の違い、少し伝わったでしょうか。
次は、何にしようかな。あ!実は純米酒とそれ以外のお酒には、「特別」なお酒もあるんです。それの紹介もしようかな!

 

次回、「純米酒本醸造酒の「特別」なお酒」です!乞うご期待!